冠かざして水辺にたたずむゴイサギ|ゴイサギの生態

ゴイサギ。
積極的に狙うハンターはほとんどいない!
でも、、立派な狩猟鳥です。

ゴイサギの生態

分布
沖縄を除いて全国的に生息。

習性
河川を中心に生息し、水際にたたずんで小魚やザリガニ、カエルなどを採食する。

樹林などにコロニーを形成して集団繁殖する。
営巣した樹や周辺の木々は糞で真っ白になるばかりか枯れてしまうほどの糞害となる!

特徴
胴体はカラスより少し小さい。
雌雄同色、頭に冠羽がある。
眼が赤いのも特徴ですね。

ゴイサギの剥製

↓の写真、昭和の時代に射獲したもの。
変わった剥製もあって良いかなと思って、記念に剥製にしたものです。


外に置いて撮影しましたが、いつもは家の中に置いてあります。

カワウもしかり、ゴイサギなど撃つハンターほとんどいないと思うけどね!
肉が欲しくて撃った訳じゃ無い。
もちろん食べなかったですよ。

皮と骨ばかりで何処に肉がついてるの?って言う感じだけど、結構美味しいらしいですよ!

関連記事