狩猟免許取得に必要な診断書|必須要件と受診する診療科について

狩猟免許試験の申請にあたっては、
「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」の既定によって、申請者の欠格事由となる病症等の確認のため、「医師の診断書」を添付しなければなりません。

なお、その診断書は狩猟免許試験の種類(網猟、わな猟、第一種銃猟及び第二種銃猟)に係わらず必要となります。

また、狩猟免許新規取得の場合のみならず、狩猟免許更新の場合も必要となります。

狩猟免許に必要な診断書とは

前述、「申請者の欠格事由となる病症等の確認のため」の具体的な事象は都道府県によって若干違いはあるものの、概ね下記事項の有無が診断対象になります。

・統合失調症であるか

・そううつ病(そう病及びうつ病を含む。)であるか

・てんかん(発作を再発するおそれがないもの、発作が再発しても意識障害がもたらされないもの及び
発作が睡眠中に限り再発するものを除く。)であるか

・介護保険法第5条の2に規定する認知症であるか

・アルコール中毒であるか

・麻薬中毒であるか

・大麻中毒であるか

・覚せい剤中毒であるか

・自分の行為の是非を判別して行動する能力が欠如または著しく低い者であるか

診断書の様式を取るには

狩猟免許試験の申請に添付する診断書の様式は、基本的に各都道府県指定された様式を使用する必要があります。

その様式(用紙)は、狩猟免許試験を受ける都道府県、つまり自分の住所地である都道府県のホームページからダウンロードできます。

様式を取るのに必要な機器(PC、ネット回線等)を持っていない人は、猟友会(支部)から調達するとか直接、都道府県の該当窓口に行けば入手できるでしょう。

狩猟免許取得用の診断書と診療科、何科に行けばいいの?

前述、欠格事由の項目からすると精神科医の診断書が必要。と思いきや、この診断書は指定医や専門医の規定はないんですね。
(但し、歯科医ではダメです。)

なお、猟銃等所持許可に必要な診断書は精神保健指定医又は公安委員会が認定した医師が作成した診断書となります。

と、言うことで狩猟免許用の診断書は、行きつけの医院でも良いし最寄りの医院でも大丈夫です。
内科でも外科でも大丈夫です。

また、猟友会によっては契約しているわけではないんでしょうが、話しが通じている医院を紹介してくれます。
その医院に行って診断書の様式を渡し、銃砲所持許可証を提示するだけで直ぐ受け付けてくれます。

健康保険証も診察券も必要ありません。

注!
猟友会(支部)によりけりです。
全ての猟友会がこのような便宜を図ってくれているかどうかわかりません。

まとめ

狩猟免許取得に必要な診断書は前記のとうりですが、
銃砲の所持許可及び許可の更新の際に必要な診断書は「精神保健指定医、または必要な知識経験を有すると都道府県公安委員会が認める医師が作成するもの」となっています。

また、診断書の様式ですが、都道府県によってマチマチ。
全国統一すればいいと思うんですがね。

住所地(都道府県)指定の診断書様式を用意しましょう。