銃刀法改正|ボウガンーが猟銃などと同様に所持が許可制に!

ボウガン、正式名クロスボーの所持が許可制になります

ボウガン、今までは許可なく購入できていましたが、令和3年2月24日に銃刀法改正案が閣議決定されました。

成立すれば、公安委員会許可がなければ所持することが出来なくなります。

また、用途が
・スポーツ(標的射撃)
・動物麻酔
などに限定されます。

ところで、「ボウガン」て和製英語だったんですね!

弓:BOW(ボウ)
銃:GUN(ガン)

改正銃刀法では、正式名称は「クロスボウ」となります。

その、クロスボウなるボウガン、
アーチェリーや弓と違いを引いた状態で固定できるため命中精度高いようです。

また、連射ができるものもあるようです!

クロスボウの許可期間は3年

許可期間の3年は、猟銃などと同じですね。
継続して所持するには、これまた銃砲の場合と同様、更新するには講習の受講が必要となるようです。

ボウガンによる殺傷事件、たびたび起きていましたからね。
この度の銃刀法改正、遅きに失した感、無くもないですよね。

既に所持している人も新規に所持する人と同様、規制の対象となります。

法律施行日から半年以内に許可を得る必要がある、ということになります。

こちらの記事でもう少し詳しく解説しています。 ↓ ↓

ボウガン(クロスボー)の所持が許可制に!銃刀法が改正されました

関連記事