アライグマの捕獲に狩猟免許は不要|天敵不在のアライグマ捕獲作戦!

アライグマの捕獲に狩猟免許は必要ありません!

アニメ、「アライグマラスカル」で一躍有名になったアライグマ。

でも、アニメに登場するラスカルのイメージとは裏腹に害獣アライグマになってしまった!

アライグマは本来、鳥獣保護法によって狩猟免許所持者でなければ捕獲することはできません。
しかし、害獣化したアライグマを狩猟免許なしで捕獲・駆除する手段もあります。

ここではアライグマの駆除の方法についてまとめてみました。

アライグマの習性と天敵

日本に生息するアライグマは北・中米原産の移入種でペットとして飼われていた個体が逃げ出したり、放棄されてりして野生化し全国的に増殖している哺乳類です。

そのアライグマ、原産地ではオオカミなどの天敵により生態系が保たれているのでしょうが、日本においてはそのような天敵はいません。

アライグマの天敵になり得るのは人間様しか存在しないんですね!
アライグマはタヌキやキツネ、アナグマ等と同様狩猟鳥獣に指定されています。
下は「狩猟読本」に掲載されているアライグマの画像です。

コチラ↓はタヌキ。

従って、いくら害獣とはいえ勝手に捕獲することはできません。
要は狩猟免許を取得しないと捕獲が許可されないんですね。

狩猟免許の所持者であれば、合法的に捕獲することができるアライグマ、
その捕獲手段は、
・銃猟
・ワナ猟
いずれかになります。

ですが、銃猟で捕獲するのは好ましくありません。
アライグマの生息環境は住宅地周辺が多いので実質的に射獲は不可能です。
(基本的に銃猟禁止区域になっています。)

そこでワナ猟となる訳ですが、わな猟の免許を取得するほとんどの人は、シカやイノシシの狩猟(有害駆除を含む)を目的としています。

アライグマによる被害を防ぐために狩猟免許を取る人は、皆無と言えませんがまれだと思います。
また、狩猟による捕獲は1年中できる訳ではありません。
狩猟免許所持者とはいえ狩猟期間(11月15日~翌年の2月15日、北海道を除く)でしか捕獲することはできません。

狩猟に頼らないアライグマ捕獲手段とは?

アライグマは「特定外来生物」に指定されています。

「特定外来生物」とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。
特定外来生物は、生きているものに限られ、個体だけではなく、卵、種子、器官なども含まれます。
その、特定特定外来生物の防除ができるのは国(主務大臣による防除)だけではなく、地方自治体や民間でもできるようになっています。

引用;環境省 自然環境局

関東地方においても、ほとんどの都県および自治体がアライグマ防除の認定を受けています。
たとえば、茨城県においては、

・特定外来生物の種類
アライグマ
・確認認定を行った日
令和3年3月24日
・防除を行う期間
令和3年4月1日~令和8年3月31日まで
・防除を行う期間
茨城県全域
・防除の方法
計画的な防除として、はこわなにより捕獲し、適切に処分する。
・主務大臣
環境、農林水産大臣

以上により、アライグマ捕獲従事者に認定されれば捕獲が許可されるんですね。

アライグマ捕獲従事者になるには?

都道府県が実施する「アライグマ捕獲従事者研修会」を受講する必要があります。

研修は座学・実技(適切な捕獲と安全に関する知識、技術等)を含めて概ね2時間くらいとなります。

ただし、この研修、誰でも受講できる訳ではありません!

アライグマ捕獲従事者研修会を受講するには、狩猟免許受験資格と同等の資格要件が必要です。

狩猟免許受験資格要件
以下の欠格事由に該当する者は受験できません。
・20歳に満たない者(銃猟)
・18歳に満たない者(網、わな猟)
・精神障害、統合失調症、そううつ病、てんかん等にかかっている者
・麻薬、大麻、あへん、覚醒剤の中毒者
・自分の行為の是非を判別して行動する能力が欠如または著しく低い者
・狩猟免許を取り消された日から3年を経過していない者
・鳥獣法に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終り、または執行を受けることがなくなった日から3年を経過していない者

まとめ

アライグマは雑食性で果樹や農作物を食い荒らしたり、天井裏に住み着いたりの被害が増えています。

この害獣となったアライグマの被害を防除するには、個体の絶対数を減らすしかありません。
狩猟免許(わな猟)を所持しているハンターでもシカやイノシシの駆除に従事する人はけっこういますが、アライグマの駆除従事者はあまり聞いたことがありません。

アライグマの被害を防ぐには、ハンターに頼らず自治体と共同で捕獲するより手はなさそうです。