銃砲一斉検査って?銃砲検査の内容について

散弾銃、ライフル銃、空気銃を所持している人宛に,毎年、猟期終了後の4月~5月頃、所轄の警察署から銃砲一斉検査の通知が届きます。

銃砲検査が行われる日時は都道府県によってまちまちです。

また、銃砲検査場所は、警察署、町・市民センターなど県によって異なりますが毎年、基本的に同じ場所で行われるようです。

検査時に必要なものは、
・所持している銃砲
・所持許可証
・保管庫(ガンロッカー)の写真
・保管場所の間取図(手書きでも大丈夫)
・使用実績を証明できる書類
狩猟者登録証、射撃場のスコアカードやレシート、従事者証(有害鳥獣駆除)等
・実包等管理帳簿
等々、となっていますが全部チェックされる訳でもないようです。(経験上)

銃砲威勢検査時における検査の内容

① 銃本体の検査
全長、銃身長、銃番号 等

検査時に銃身や弾倉に実弾が残っていたりしたらヤバイことになりますよ!

② 面接
警察官から下記のような質問をされます。
・銃の保管場所
・実砲の保管場所
・保管の仕方
・保管庫、銃のチェック頻度
・保管庫の鍵の管理
・銃の使用状況
・出猟場所、回数
・残弾数
等々

保管庫(ガンロッカー)は金属製で背面ビス止めで建物に固定されていれば問題ありません。

写真の提示だけでは固定されているか分かりませんが、所持許可の更新の際、自宅訪問され保管状況をチェックされます。
チェックされるから云々より、防犯のためですからね。

以前は自宅訪問での検査は無かったんですが、いつ頃からだったか覚えていませんが、所轄の警察署の担当が検査に来るようになりました。

銃の保管場所まで案内し現場をチェックされます!

この場合、もちろんですが事前に訪問日時の連絡があります。
また、来訪時には、こちらから要求する前に警察手帳を提示してくれます。

なお、銃を保管するときは基本的に分解して保管すると思いますが、先台とか銃の部品の一部を別保管する等の考慮も必要です。

万が一、盗難にあっても銃として機能しませんからね。
面接時にこれら(分解保管等)に関しても状況を聞かれます。

なお、所定の検査日にやむ得ぬ事情で検査を受けられない場合、事前に警察署(生活安全課、銃砲担当)に連絡しておけば別途、個別に警察署で検査してもらえます。

以上、銃砲検査についての概要でした。