雀(スズメ)はれっきとした狩猟鳥

日本に生息する(スズメ)は、「ニュウナイスズメ」(スズメ目スズメ科)と「スズメ」(スズメ目スズメ科)です。

日本では万人に馴染みの深いスズメ、童謡や俳句の有名な句にも出てくる
話題性の多い鳥ですね!

雀を題材にした有名な俳句、

雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
我と来て遊べや親のない雀
(小林一茶)

子雀や遠く遊ばぬ庭の隅
(尾崎紅葉)

この時期(1月)に相応しい句もあります!
寒雀身を細うして闘へり
(前田普羅)
野生の世界、雀でも生存競争に勝つためには闘うんですね!


<童謡>
チイチイパッパ チイパッパ
すずめの学校の 先生は
むちをふりふり チイパッパ
生徒のすずめは わになって
お口をそろえて チイパッパ
まだまだいけない チイパッパ
も一度いっしょに チイパッパ
チイチイパッパ チイパッパ

絶品!雀の焼き鳥

そんな狩猟鳥でもある
使う銃器は空気銃ですね。

的が小さいだけにスコープを付けた銃でないと命中させるのは
けっこう難しいです。

昔はスプリング式の空気銃でしたが、最近はポンプ式
空気銃が主に使われています。
バネ式の銃だと引き金を引いた瞬間、銃身がブレてしまうんですね。

撃ち落とした雀、毛をむしって内蔵を取り出し焼いて食べると
これまた絶品!
雀の焼き鳥は美味しいです。

関連記事