狩猟免許試験対策|鳥獣判別の練習問題(わな猟編)

狩猟免許試験、

わな猟における鳥獣判別で出題されるのは、おおむね、
・狩猟鳥獣、9種
・狩猟鳥獣と誤認され易い鳥獣、7種
16種、出題されます。

試験では、提示された鳥獣の画像等を見て瞬時(5秒程度)に解答しなければなりません。
判別試験のやり方は自治体によって、それぞれのようです。

試験官がイラストを見せ、
・狩猟鳥獣であれば、
例えば、「マル」(○:狩猟可の意)、”ニホンジカ”と解答する。
また、
・非狩猟鳥獣であれば、「バツ」(×:狩猟不可の意)とか”ダメ”と解答する。といったやり方です。
なお、非狩猟鳥獣の場合、その鳥獣の名前(種類)は解答する必要ありません。

つまり名前まで覚えなくていいということです。
要は、狩猟鳥獣だけしっかり覚えておけばOK!

基本、狩猟読本に掲載されている鳥獣の画像から出題されるので事前によく見て練習しておけば大丈夫でしょう。
(剥製を使って判別させる場合もあるとか!)

狩猟鳥獣の判別練習

次の画像を見て、狩猟鳥獣か否か判別してみてください。
(動画はページ下部にあります)
狩猟鳥獣であれば、その名前
・非狩猟鳥獣であれば、×(名前は不要)

なお、鳥獣画像(イラスト)は、狩猟読本に掲載されているイメージで、そのまま出題される場合と、イラストを左右反転、または背景画像を削除したものを見せる場合もあるようです。

従って、背景画像とセットで暗記すると裏をかかれて失敗することも考えられます!

例えば、↓のイラスト。(これは鳥類なのでワナ猟試験には出ませんが

この鳥は、「カケス」です。
仮に紅葉したもみじとセットは「カケス」と言った覚え方をしたとします。
そのとき、背景画像が削除されたイラスト↓を見せられると面食らうかも知れません!

このイラストは、左右反転、背景削除したものです。

それでは早速やってみましょう。


狩猟鳥獣判別練習スタート

正解は、<問題n正解を見る>をクリック(タップ)

問題1

問題1の正解を見る



問題2


問題2の正解を見る


問題3

問題3の正解を見る


問題4

問題4の正解を見る


問題5

問題5の正解を見る


問題6

問題6の正解を見る


問題7

問題7の正解を見る


問題8

問題8の正解を見る


問題9

問題9の正解を見る


問題10

形でのオス・メスの判別は難しい!

メスはオスより小さい。
「メス」と明示されていなければ、大きさで判断する。
実物大で頭胴長が15㎝~20㎝程度であればメス。
同じく、30㎝~40㎝であればオス。
イタチは雌雄同色なので大きさで判断する。
問題10の正解を見る


問題11

問題11の正解を見る


問題12

問題12の正解を見る


問題13

問題13の正解を見る


問題14

問題14の正解を見る


問題15

問題15の正解を見る



問題16

問題16の正解を見る


鳥獣判別テストの解答

問題1正解

問題1の答

ハクビシン

次の問題へ



問題2の答
×
(サル)

次の問題へ



問題3の答
×
(カモシカ)

次の問題へ



問題4の答

キツネ

次の問題へ



問題5の答

アナグマ

次の問題へ



問題6の答
×
(モモンガ)

次の問題へ



問題7の答

テン

次の問題へ



問題8の答
×
(オコジョ)

次の問題へ



問題9の答

ニホンジカ

次の問題へ



問題10の答
×
(イタチ メス)

次の問題へ



問題11の答

ミンク

次の問題へ



問題12の答

タヌキ

次の問題へ



問題13の答

イタチ(オス)

次の問題へ



問題14の答

アライグマ

次の問題へ



問題15の答
×
(ニホンリス)

次の問題へ



問題16の答
×
(ムササビ)


お疲れ様でした。
以上で、わな猟鳥獣判別練習問題おわりです。

ページ下部に「動画で復習」があります。


まとめ

鳥獣判別試験を含むわな猟の技能試験では、70%以上の得点で合格となります。
判別を1つ間違えると「2点」減点となります。

なお、わな猟の技能試験では鳥獣判別の他に、
・猟具の判別
・猟具の架設
があります。

鳥獣判別、動画で復習しましょう。
音が出ます。
中央のをクリックすると再生します。

狩猟鳥獣判別の押さえどころ、「第1種銃猟編」はコチラ

狩猟鳥獣判別の押さえどころ、「第2種銃猟編」はコチラ

「わな猟免許取得の手引き」はコチラ

関連記事