目指せハンター|ハンターになるには

「ハンター」になるには。
現在、狩猟職業とする人はほとんどいませんよね。

現役ハンターのほとんどが趣味で狩猟、または有害鳥獣駆除に従事する人だと思います。

狩猟免許の種類

その狩猟を行うには、猟法に応じた狩猟免許を取得する必要があります。

猟法には、
・網猟
・わな猟
・銃猟
があります。

それぞれ文字通り、
網猟猟具とする狩猟であり、わな猟猟具とする狩猟です。
また、銃猟装薬銃(ライフル銃、散弾銃)と空気銃猟具とする狩猟ですが、免許の種類は別物となります。

ここでは、銃猟について簡単に説明します。

銃猟に於ける狩猟免許

・第一種銃猟(装薬銃を使う猟)

第二種銃猟(空気銃)

に別れています。

なお、狩猟免許はだれでも取得できる訳ではありません。

次に該当する者は狩猟免許試験も受けることができません。
・20歳に満たない者(銃猟)
・18歳に満たない者(網、わな猟)
・精神障害、統合失調症、そううつ病、てんかん等にかかっている者
・麻薬、大麻、あへん、覚醒剤の中毒者
・自分の行為の是非を判別して行動する能力が欠如または著しく低い者
・狩猟免許を取り消された日から3年を経過していない者
・鳥獣法に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終り、または執行を受けることがなくなった日から3年を経過していない者

また、銃猟の場合、狩猟免許を取得するだけでは狩猟することができません。

銃を使用するためには、別に銃砲刀剣類等所持取締法(銃刀法)に基づく「銃の所持許可」が必要となります。

つまり、銃の所持許可免許狩猟免許、両方取得する必要があるということです。
どちらを先に取得するかは個人の自由ですが、銃の所持許可を先に取得しておけばクレー射撃はできるので、実猟野で狩猟する前の練習になります。

なにより、銃の取り扱いに慣れるので安全面でも有効です。

なお、
・銃の所持許可取得
・狩猟免許取得
いずれも講習会を受講し、考査合格しないと取得できません。

それぞれ講習会受講の申請をする必要がありますが、申請の窓口は別になります。

・銃の所持許可 : 都道府県公安委員会(警察庁)
・狩猟免許 : 都道府県庁(環境省)

ということで、
銃の所持許可申請は所轄の警察所(生活安全課)で申請の手続きをする。
狩猟免許は住所地の都道府県庁で申請の手続きをする。

いずれの場合も、初心者講習会を受講することになります。

銃の所持許可を受けるには

銃を所持するためには、銃刀法に基づく「銃の所持許可」を受けなければなりません。
所持許可の申請は、住所地の都道府県公安委員会が行う講習会(座学)と実技検定を受け合格しなければなりません。

所持できる銃の種類は、
ライフル銃
散弾銃
空気銃(ガス銃を含む)
空気銃(ガス銃)の場合は、実技テストはありません。

ハンターを目指しているので、銃を所持する用途は自ずと”狩猟”ということになりますが、所持許可証の用途欄にそれが記載されます。

狩猟以外の用途としては、
・有害鳥獣駆除
・標的射撃
に限定されています。

遺品やコレクションとして所持することはできません。

申請窓口

許可するのは、住所地の都道府県公安委員会ですが、申請は各警察署の生活安全課です。
講習会の日程も教えてくれますし、希望する会場の空き具合も確認し申し込んでくれます。

定員オーバーになると別の日程・会場となりますので早めに確認しておいた方がいいです。

銃を所持できる資格について

1.銃を所持できる年齢(射撃競技の選手を除く)
空気銃については、満18歳以上、

散弾銃については満20歳以上。
ライフル銃で狩猟を用途とする場合は、原則として散弾銃での所持実績10年以上必要となります。

2.所持できない者(欠格事由)
・精神病者
・犯歴(凶悪な前科者)
交通違反で反則切符を切られた程度は大丈夫です。
・統合失調症、認知症、てんかん等、銃砲の取扱に支障を及ぼす恐れがある病気である者
・破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者
・薬物中毒者
・75歳以上で認知症検査を受けていない者
・新規の所持許可の場合、射撃教習の教習修了証明書あるいは技能講習修了証明書を有していない者、等々

試験の種類

1.猟銃等講習会
講習会終了後、考査があり70%以上の正解で合格となります。
講習では試験に出そうなところを重点的に説明してくれます。
講師の話を真面目に聞いていれば余程のことがない限り合格できると思います。

2.技能検定
この段階では、まだ自分の銃は所持できないので射撃場で用意された銃でクレー射撃の試験を受けます。
1枚ずつ放出されるクレーを25枚中、2~3枚命中すれば合格です。

所持できる銃の種類

1.空気銃
圧縮空気(ポンプ銃)やガスの圧力(ガス銃)を利用して弾を発射する銃器
2.散弾銃
散弾を散開発射する銃器
鹿や猪猟のときは散弾銃でもスラッグ弾(1発弾)を使用します。
3.ライフル銃

まとめ

ざっくり以上ですが、猟銃等講習会も狩猟免許講習会も初心者講習会の実施回数は経験者講習会に比べると実施回数が少ないです。
また、会場の収容人数の関係で定員になると受講出来なくなってしまいます。
早めに申請した方がいいですよ。

狩猟免許取得についてはコチラの記事、

また、「狩猟免許の取得から狩猟ができるまで」については、
コチラの記事で詳しく解説しています。

関連記事